2008年05月16日

色の見え方。

ブログ用 003 80516.jpg

「エレガンスタイルTS・色番TS−210」の目地工法です。

よく見てください。目地:黒よりミディアムグレーの方が主材が明るく見えませんか。

組み合わせる目地色によって引きずられ主材色も変わって見えます。

上の写真のように主材の面積が小さいほど起こりやすい現象ですので、目地工法などで色を組み合わせる時は参考にしてください。
posted by 塗装超人 at 23:43| Comment(1) | TrackBack(1) | 塗装に関する豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは参考になります

あいがとうございました
Posted by 外壁塗装職人 at 2009年07月17日 14:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

エレガンストーンは目地が命
Excerpt: 外壁を石調吹付け仕上げ「エレガンストーン」でリフォームする場合、目地をきれいに見せることが極めて重要です。目地の直線エッジを出すためには、吹付けてから目地ウレタンを取り除くタイミングが熟練を要します。..
Weblog: アテンポ リフォーム日誌
Tracked: 2008-05-17 06:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。