2007年08月30日

ベルアート・ゆず肌仕上げです。

uOp 70830.jpg

ゆず肌仕上げは、吹き付けて仕上げます。

模様塗りは、まずベルアートの重量に対して清水を6〜8%の範囲で添加して、均一に攪拌します。

次に、万能ガンで均一に塗付します。
クレーター模様が出ないように万能ガンのノズルの位置を調節して(少し手前に引きます)吐出時の霧化を良くしましょう。
きめ細やかな優しい仕上がりの壁が出来上がります。

色やパターンを選ぶ時は、周囲の環境や用途に合わせる事が大切です。
ゆず肌仕上げの場合は、優しい感じの色によく合うと思います。
posted by 塗装超人 at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ベルアート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無塗装板の拭きつけゆず肌仕上げをしたいと思っています そのゆず肌仕上げですが泡を吹いたような小さなクレーターのようなのが出来るには仕方ないのでしょうか?教えて下さい
Posted by 古田 芳子 at 2010年05月28日 18:48
古田様
お世話になっております。

クレーターのような模様ですよね。

経験上、コンプレッサーの圧力が強かったり、
希釈をしすぎたり、
塗布量が多くなってしまったりすると発生してしまいます。
まず希釈率は少なめにして、吹き付けガンを素早く動かして吹き付けると良いと思いますよ。
それか、基層塗りの塗布量をを多めにしてある程度ゆず肌模様にしてしまい、仕上げ塗りを薄付けな感じで吹き付けても良いと思います。
参考になりますでしょうか?
Posted by 塗装超人 at 2010年06月01日 00:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。