2006年12月25日

冬場の塗装。

原則として、気温が5℃以下の時は施工は避けてください。降雨や降雪時またはその直後もです。
気温5℃以下ですと、塗膜の形成や性能維持に支障が出ます。その他、施工面においても塗膜のダレや吹きムラ等の現象をきたすので、冬場の塗装作業は充分注意が必要です。
気温5℃以下で施工が要求される場合は、採暖及び採暖の為の養生をし雰囲気温度、被塗面温度を5℃以上にしてください。

塗膜の乾燥時間も夏場だと1時間で乾く製品でも冬場だと乾燥するまで6時間以上かかる場合があります。次の工程に進む間隔時間を充分にとる必要もあります。
送風機などで換気、通気を良くして、乾燥促進に努めてください。




posted by 塗装超人 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 壁の塗り替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。