2006年11月29日

クリーム系・ベージュ系の色を選ぶ。

クリーム系・ベージュ系はとても親しみやすい色です。売れ筋の色です。

赤みが増すと暖かさやぬくもりが感じられ、明るさが増すと軽やかさを感じられます。
そのような色の持つ特徴は、色に合った塗りパターンで、最大限に引き出せます。色とパターンの相性は、こだわりの空間創造には重要です。

例えばベルアートのような装飾仕上げ塗材の場合、
・骨材の入らない薄付けタイプで曲線のあるようなパターンでしたら、ロマンチックな感じの明るめで軽やかなトーンの色。
・骨材が入って重厚感や高級感を表現するようなパターンでしたら、トーンの低い色を選ぶ。
という感じです。

同じクリーム系・ベージュ系の色でもいろんな色がありますので、似たような色で迷っているのでしたら、塗りパターンに合うかどうかで決めるのもいいと思います。

??〓±〓¨@????〓????〓@??????м?? 024-5.jpg??〓±〓¨@????〓????〓@??????м?? 014-2.jpg??〓±〓¨@????〓????〓@??????м?? 022-4.jpg??〓±〓¨@????〓????〓@??????м?? 008-1.jpg



posted by 塗装超人 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 壁の塗り替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28557085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。