2006年09月08日

ベルアート・ウェーブ2色仕上げです。

wave-nishoku60908.jpg

骨材は入りません。左官ゴテでベースとなる色(上の写真の場合は茶色)を均一に基礎塗りします。

乾燥後、各色を大体1:1の比率で軽く混ぜ、左官ゴテを使用して弧を描くようにパターン付けしていきます。

何度も塗り重ねると色が滲んで1色に見えてしまうので、一回で模様を付けます。また、パターンの山の部分はランダムな高さになるようにします。


ウェーブ2色仕上げは、とても自在性に優れています。色の組み合わせや混合比率の微調整など自由に選択できるからです。同じ壁模様は存在しません。

2色の色が組み合わされると、色が持つそれぞれのイメージが呼応しあって、より以上の美しさが生まれます。

色の心理効果で想像力も膨らみます。上の写真のような配色ですとパン屋さん、ケーキ屋さんの壁にピッタリの感じがしませんか。

フレンチフード





posted by 塗装超人 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。