2006年05月20日

塗料について

主な塗料は4種類で耐久性が異なります。

●アクリル樹脂塗料
  中でも外壁塗料として最もポピュラーな塗料です。安価で幅広く使われてい
  ますが耐久性はそれほど高くありません。

                       
●ウレタン樹脂塗料
  バランスのとれた性能でアクリル樹脂より約1.5倍耐久性があり、耐用年数
  は10〜15年といわれています。

●シリコン樹脂塗料
  耐久性、耐熱性に優れ、ウレタン樹脂塗料よりも更に高い耐久性があります
  。色落ちや白化、ひび割れの原因になる紫外線に強いのも特徴です。また塗
  膜の表面の汚れの原因である油性物質を雨水で洗い流すこともできます。

●フッ素樹脂塗料  
  高耐久性を期待できる塗料ですが、高価なことが難点です。

塗装の方法とともにどんな塗料を使うのかも重要です。業者さんに依頼する場合には事前に確認しておくといいでしょう

  
  
posted by 塗装超人 at 00:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 壁の塗り替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いきなりの質問で失礼いたします。
いろいろ調べていてコチラにたどり着きました。
先日、両親がある業者に外壁の塗装をお願いしたのですが、はじめにヒビの入ったところに接着剤のようなものを入れ、その上から塗装をしているようなのですが、その部分だけ、いまだにベタベタトして乾いていません。
2週間以上経っているのですが、問題はないのでしょうか?
どうぞ宜しくお願いします。
Posted by なお at 2007年12月05日 12:07
なおさんへ。
業者さんは ヒビ割れている箇所をコーキング材を充填して補修したと思われますが、
コーキング材の種類、材齢により塗膜が密着しないことや汚染することがあります。
詳しくはご使用になった塗料メーカーの最寄の営業所にお問い合わせしたほうが良いと思います。
Posted by 塗装超人 at 2007年12月12日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

塗装工場の臭気対策
Excerpt: 塗装工場の有機溶剤臭対策はすごく難しい。 予算があるのであれば、蓄熱式燃焼脱臭装置が一番。 VOCもほとんど分解できるし、言うこと無しの最強装置。 しかし、値段が高い。うちのRTOが業界トップク..
Weblog: 臭気判定士の激闘
Tracked: 2007-04-12 12:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。