2006年05月18日

塗り替えのタイミング

外壁の劣化はある程度自分でチェックする事ができます。

年月を経ると、外壁は汚れや変色、藻やカビの付着など、見た目が悪くなってきます。これも一つの塗り替えの判断基準です。

もう一つの判断基準は、塗膜をこすると手に白い粉が付着する場合があります。これはチョーキングなどと言われてます。紫外線や酸性雨の影響で塗料に含まれている樹脂が劣化して粉状になっているのです。つまり建物を保護する効果が無くなってきたというサインです。

そのほか部屋の天井裏に雨シミが着いていたら、外壁や屋根から雨漏りがしているのかもしれません。

このような外壁の劣化は、定期的にチェックすることをおすすめします。

塗膜の劣化を見逃してしまうと建物の劣化につながり、修繕費用の増大につながります。

posted by 塗装超人 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 壁の塗り替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。